関西生祥法律事務所
事業理念 弁護士紹介 取扱い業務 法律相談Q&A お問い合わせの前に アクセス
法律相談Q&A
様々な分野の基本的事項を、一般の方向けにQ&A形式で解説します。
内容は随時更新していきます。
離婚 相続
相続に関するQ&A
相続放棄とは何ですか。
相続放棄とは、相続人たる地位自体を放棄するものです。
従って、被相続人のプラスの財産(資産)はもちろんのことマイナスの財産(負債、債務)も承継しません。
そもそも相続を希望しない場合や被相続人が債務超過である場合などはこの方法を取ることが多いと思われます。
限定承認とは何ですか。
限定承認とは、被相続人のマイナスの財産や遺贈の弁済をそのプラスの財産の範囲内でのみ行うことを留保するものです。
相続人が被相続人のマイナス財産を無制限に承継することが防止できます。
被相続人が債務超過かどうか分からない場合や微妙な場合にこの方法をとるメリットがあるといえます。
相続放棄や限定承認をするのに期間制限はありますか。
あります。相続放棄も限定承認も、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3カ月以内(これを熟慮期間といいます)に、家庭裁判所に対する申述という方式で行わなければなりません。
この期間内に、財産調査等が終了しないなどの場合は、家庭裁判所に対して、熟慮期間の伸長を求めることになります。
相続人が複数いる場合、相続放棄は単独でできますか。
できます。
相続人が複数いる場合、限定承認は単独でできますか。
できません。限定承認は共同相続人全員で行わなければなりません。
そのため、共同相続人間で足並みが揃わないと限定承認することは難しいでしょう。
単純承認とは何ですか。
単純承認は、被相続人のプラス財産及びマイナス財産一切を何の留保も付さずに承継するものです。
上で述べた熟慮期間内に相続放棄や限定承認をしないときや相続財産の一部または全部を処分したときなどは、単純承認したものとみなされますので、注意が必要です(これを法定単純承認といいます。民法921条)。
なお、単純承認は、家庭裁判所に対する申述などは不要で、方式等は特に決められていません。
Contact
事務所写真
関西生祥法律事務所
〒 530-0047
大阪市北区西天満4丁目2番2号
ODI法律ビル601号
TEL 06-6809-1598
FAX 06-6312-1597
E-MAIL info@k-seishou-law.jp
弁護士コラム
弁護士費用(一般)
個人情報保護方針